公益信託 倫雅美術奨励基金

第32回
受賞者紹介

展覧会「さまよえる絵筆-東京・京都 戦時下の前衛画家たち」の企画およびカタログ中の論文(みすず書房)

■美術史研究部門

展覧会「さまよえる絵筆-東京・京都 戦時下の前衛画家たち」の企画およびカタログ中の論文(みすず書房)
※2氏の共同受賞

弘中 智子

弘中 智子(ひろなか さとこ)

プロフィール

山口県出身
一橋大学大学院言語社会研究科博士号(学術)取得
現在、板橋区立美術館学芸員

<主な業績>

2019年
共著『超現実主義の1937年 福沢一郎「シュールレアリズム」を読みなおす』(みすず書房)

第32回倫雅美術奨励賞に選出していただき、誠にありがとうございます。緊急事態宣言などの影響で作品や資料の調査が困難な時期でしたが、清水智世さんと東京・京都を手分けして調べ、オンラインで議論を重ねて作り上げました。ご協力いただいた画家のご家族、美術館、研究者、関係者の皆様にお礼申し上げます。

清水 智世

清水 智世(しみず ともよ)

プロフィール

福井県出身
立命館大学文学研究科博士後期課程単位取得退学
現在 京都府京都文化博物館学芸員

このたびは倫雅美術奨励賞に選出していただき、誠にありがとうございます。困難な時代に絵筆を捨てなかった画家たちの生き方と作品は、今を生きる我々にも多くの示唆を与えてくれると信じています。ご協力いただいた皆様、そして、企画を先導し続けてくださった弘中智子さんに心より感謝を申し上げます。

展覧会「Viva Video! 久保田成子」の企画およびカタログ中の論文(河出書房新社)

■美術評論部門

展覧会「Viva Video! 久保田成子」の企画およびカタログ中の論文(河出書房新社)
※4氏の共同受賞

濱田 真由美

濱田 真由美(はまだ まゆみ)

プロフィール

兵庫県出身
同志社大学大学院文学研究科博士課程(後期)単位取得退学
現在 新潟県立近代美術館 主任学芸員

<主な業績>

2020年
「1964年の美術:地方から逆襲」『1964年 東京―新潟』(展覧会図録)
(新潟県立近代美術館)

この度は、このような輝かしい賞を頂戴し、誠に光栄に存じます。本展覧会は企画から約10年の月日を経てようやく実現しましたが、このような充実した内容で開催できたのは3人の共同キュレーターと久保田成子ヴィデオ・アート財団、そして助成を賜りました各機関、関係者のご協力のお陰であると、心より感謝申し上げます。この栄誉を2015年にご逝去された久保田成子さんに捧げたいと思います。

橋本 梓

橋本 梓(はしもと あずさ)

プロフィール

滋賀県出身
京都大学大学院人間・環境学研究科(博士課程)人間・環境学専攻 満期退学
現在 国立国際美術館主任研究員

<主な業績>

2016年
展覧会企画「THE PLAY since 1967 まだ見ぬ流れの彼方へ」(国立国際美術館)
2017年
共著『現代アート 10講』(武蔵野美術大学出版局)
2018年
展覧会協働企画「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」(国立国際美術館)

コロナ禍の中、なんとか実現に漕ぎつけたこの企画に栄誉ある賞を頂き望外の喜びです。共同企画だからこそ多角的な調査・研究が叶い、その点を評価頂けたと嬉しく思っています。故・久保田成子さんとご遺族、ご協力下さった関係各位に厚く感謝を申し上げると共に、国立国際美術館のスタッフにも感謝を伝えたいと思います。

西川 美穂子

西川 美穂子(にしかわ みほこ)

プロフィール

神奈川県出身
慶應義塾大学文学部美学美術史学科前期博士課程修了
現在 東京都現代美術館学芸員

<主な業績>

2011年
「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」東京都現代美術館)企画、カタログ論考「虹のかなたに 前衛アーティスト、靉嘔の仕事」2012年美連協カタログ論文賞受賞
2012年
「MOT アニュアル 2012 風が吹けば桶屋が儲かる」企画

このたびは、このような栄誉ある賞を賜り、光栄に存じます。4人のキュレーターで調査し、互いに議論を重ね、共に一人の作家の人生とその作品を追っていく中で、多くの発見がありました。その成果として、ヴィデオ・アートの揺籃期に活躍した久保田成子にあらためて光をあてることができたとしたら、大変嬉しく思います。

由本 みどり

由本 みどり(よしもと みどり)

プロフィール

大阪府出身
NJ州立ラトガース大学博士号修了
現在 ニュージャージー・シティ大学ギャラリー・ディレクター/准教授

<主な業績>

2000年
2003年
Yes Yoko Ono 展カタログ(リサーチ、執筆、翻訳)
2005年
Into Performance: Japanese Women Artists in New York
2021年
共著Women, Aging, and Art: A Crosscultural Anthology

私が共同キュレーターを務めた「Viva Video! 久保田成子」展で倫雅美術奨励賞を頂けるとの思いがけない朗報に、感激しています。久保田さんがご存命であれば、ご本人もお喜びのことでしょう。アメリカ在住の私をチームに加えて下さった3人の学芸員さん、久保田成子ヴィデオアート財団の皆様に深く感謝しています。

第32回
倫雅美術奨励賞顕呈式